フォト
無料ブログはココログ

2018年11月19日 (月)

サンふじの収穫

1542556135693.jpg

1542556139934.jpg

1542556143968.jpg

1542556148114.jpg

1542556151346.jpg
サンふじの収穫が最盛期となっています。

今年は夏の干ばつ、台風とりんごの生育には大変困難な年ではありましたが、とても質の良いりんごが採れています。

この秋は台風こそあったものの、収穫期までは安定した天候ではありました。

しかし、元を辿れば充実した花芽が多かった事が品質に影響していると思われます。

毎年安定して質の良い花芽にしなければならないのですが、そこがりんごの難しい所です。

ここまでまだ降雪に凍みがありませんが、何とか今月中に収穫を終えたいものです。

2018年10月12日 (金)

シナノスイートの収穫まであと一歩

1539341391571.jpg

1539341395030.jpg

1539341398451.jpg

シナノスイートの収穫が近づいてきました。

収穫期の目安となる着色もあずき色となってきました。

山ノ内町ではここから我慢をして樹に成らせておくとシナノスイートの甘味に濃厚な旨味が加わります。

この変化を待ちたいので、収穫は来週頭からを予定しています。

収穫の日が待ち遠しいです。

2018年8月23日 (木)

つがるの収穫間もなく




つがるの着色も進み収穫が近づいてきました。
間もなく本格的に収穫開始となりそうです。
台風の影響が心配されますが無事に過ぎることを祈ります。

りんごのご注文も受け付け中です。
つがるから始まり
9/下旬 シナノドルチェ
10/上旬 秋映
10/中旬 シナノスイート
11/上旬 シナノゴールド
11/下旬 サンふじ
各品種、家庭用から贈答用まで用意しております。
ご注文はTEL、FAX、メール、郵送で受け付けております。
お問い合わせお待ちしております。
りんご園湯本フェイスブック

りんご園湯本HP

2018年2月16日 (金)

「第19回全国果樹技術・経営コンクール」

1518708287122.jpg

1518708291096.jpg

1518708293936.jpg

1518708296550.jpg

平成29年度の「第19回全国果樹技術・経営コンクール」の表彰式が2月15日に東京都のメルパルク東京にて開催されました。

この度私が所属している「長野県果樹研究会穂波支会」がコンクールにエントリーし見事、農林水産大臣賞に次ぐ「農林水産省生産局長賞」を受賞いたしました。

このコンクールは果樹産業に於いて、卓越な技術や先進的な経営をしている、個人、団体を全国の中で競うことになります。

穂波支会が評価されたポイントとしてはりんごの高品質生産への技術開発、地域への生産技術普及、長野県りんごコンクールで会員の農林水産大臣賞3連覇、果樹経営の安定化、担い手育成等が挙げられ、ここまでの会の活動を高く評価していただきました。

表彰式には新旧役員と事務局(普及センター)6名で参列し、代表として前支会長の湯本幸作さん、現支会長の小林和幸さんが授与いたしました。

今回大変栄誉ある賞をいただいたことでこの追い風に乗り、更なる山ノ内町のりんごの高品質産地としての産地力UPには欠かせない、担い手育成に力を入れて地域貢献に繋げて行けたらと考えています。

今回の受賞にあたってご尽力いただいた関係各位の方々に感謝いたします。
ありがとうございました。

2017年12月22日 (金)

剪定講習会

1513942559628.jpg

1513942563731.jpg

1513942567826.jpg

1513942572565.jpg

果樹研究会穂波支会の剪定講習会が行われました。
高品質生産のためにはこの剪定が重要な作業とあり、この日は会員のみならず新規就農者や研修生も多く集まりました。
ふじとシナノスイートの樹で山ノ内町で普及されている高品質生産に向けた剪定技術の擦り合わせを行いました。
ふじの出荷もほぼ終わりりんごのシーズンも一段落、ここから長い冬の剪定シーズン突入です。

2017年11月 7日 (火)

シナノゴールドの収穫

1510023307196.jpg

1510023310799.jpg
シナノゴールドの収穫が始まりました。

今年は熟度が遅れていましたがここにきて美味しい仕上がりとなってきました。

2017年10月19日 (木)

シナノスイートの収穫

1508415950820.jpg

1508415954586.jpg

1508415958795.jpg

今週からシナノスイートの収穫が始まりました。
秋雨の影響も無く、今年もとても美味しい仕上がりとなっています。
甘味が特徴のりんごですが、山ノ内町産のシナノスイートはとても濃厚な旨みが自慢です。
果皮があずき色に染め上がったものから収穫を行っています。
10月末まで取り扱っていますので、お問い合わせ下さい。

2017年9月 6日 (水)

全国りんご研究大会群馬県大会

1504688815224.jpg

1504688818164.jpg

1504688821164.jpg

1504688824306.jpg

1504688828469.jpg

1504688831629.jpg

1504688836375.jpg

1504688841464.jpg

1504688845060.jpg

1504688848503.jpg

1504688851727.jpg

第59回全国りんご研究大会群馬県大会が9月5日、6日の日程で開かれ参加してまいりました。

全国各りんご産地から、生産者、農業関係者約600人の参加者があり改めてりんごの魅力を認識いたしました。

今大会のテーマは「品種戦略による活力ある産地づくり」

1日目の研究大会は渋川市民会館が会場となり、記念講演、各県の事例発表が行われました。

また来年の秋田県開催も発表されました。

交流会は温泉地の伊香保温泉で、各県の青年部の方と情報交換。

2日目の産地視察は、

中之条町
みなかみ町
群馬県農業技術センター

の順で視察。

観光農園中心となっている群馬県のりんご産地、群馬県品種での品種構成、技術開発等、群馬県の特徴を活かした取組を視察させていただきました。

群馬県の観光地におけるりんご産業のあり方は、同じ観光地の山ノ内町でも産地づくりや経営に参考になることが多くあり、今後の取組へ向けたヒントをいただきました。

群馬県の関係各機関の方々、青年部の皆さまありがとうございました。

2017年9月 1日 (金)

りんご「つがる」の収穫

1504277680423.jpg

平年よりも数日遅れてりんご「つがる」の収穫が始まりました。
やや遅れていた着色と熟度も進み、収穫量も上がってきました。
いよいよ秋を感じさせるりんごの季節に突入です。

2017年8月21日 (月)

りんご「つがる」着色始まる

1503302027787.jpg

1503302026289.jpg


りんご「つがる」が色付いてきました。

まだまだ着色は少ないですが、真っ赤になり熟期を向かえたものから収穫を行います。

収穫開始は8月末の予定で、ピークは9月上旬になりそうです。

ご注文を受け付けておりますので、りんご園湯本までお問い合わせ下さい。

りんご園湯本Facebookページ

りんご園湯本HP

«開花ステージ